ショパン バラード第4番冒頭

今日もバラード第4番を録画してみました。
冒頭です。
本番に近いテンポでの訓練です。
一箇所暗譜間違いがありますがご勘弁を…。

冒頭はとても繊細な旋律なのですが、どのように解釈するかとても悩ましい箇所です。
ソ音が8分音符で10回連続で登場します。
10回目のソに向かって純粋で若々しいエネルギーがみなぎってくる感じがするので、明るい音色に^_^
10回目のソからはちょっと歯に噛んだような、妖精が葉の影からちょっと顔を見せてすぐ隠れてしまうような奥ゆかしさを感じるのでソフトペダルをつけて柔らかい音にしています。
8小説目からの第一主題は悲しくも悲劇的なメロディの始まり。
ドラマの始まりです。
後から徐々に盛り上がってくるので冒頭はシンプルに弾くつもり。
特に冒頭は聴く人の心をつかむべくメッセージ性高く仕上げていく所存です。
それではまた!

I will hold a piano recital
第19回ピアノ演奏会を開きます❣️
🌟2021年2月28日(日)午後
🌟国分寺駅直結リオンホールにて
テーマは「フリーダム」
前半:ショパン
後半:オリジナル曲 & ベートーベン ソナタ第32番
自由について思考を巡らせながら演奏とトークをお送りします。詳細後日!

ピアニスト内藤優花音

音楽で冒険を!自然に・自由に・呼吸するように音楽を届けます。

0コメント

  • 1000 / 1000