【ショパン】バラード第4番よりラスト部の練習 Chopin Ballade No.4 Op.52

ショパンバラード第4番よりラスト部の動画です。
ひどい乾燥のため調律がイマイチですがご了承くださいませ。
演奏会に向けてとにかく弾き込むことにしました。
弾き込む事で沸き起こってくるインスピレーションに裏付けられた演奏は説得力があると思うので。
一方冷静で繊細な・・・特に技術的な・・・アプローチも併せて必要です。
冒頭から弾くと11分〜12分くらいの長い曲なので、最後まで集中力を維持することと効率の良い弾き方を試行錯誤しています。
余分な力を抜いたアプローチとしては、PPでゆっくり通すのがおすすめです。
ゆっくり弾きながら自分の身体のどこの筋肉を使っているか意識してみてください。
上腕にひきつれるような緊張を感じたら、背中の腕の筋肉の大元から腕を動かすよう意識してみると良いでしょう。
上腕の余分な力が抜けていきます。
引き続き仕上げに向けて練習していきます。
お付き合いありがとうございました。

ピアニスト内藤優花音のMusic Adventure

ピアノは心と魂のサプリメント ピアノの演奏とご指導で ご自分の魂の美しさ・輝きを思い出すお手伝いをしています リサイタル開催/CD販売 【準備中】ピアノレッスン/音楽家のための傾聴カウンセリング 音楽で冒険を! あなたが人生を思いっきり冒険するきっかけになりますように 素敵な時間を創り上げていきましょう

0コメント

  • 1000 / 1000