【ベートーヴェン】ピアノソナタ第32番第2楽章ラスト部の暗譜

ベートーヴェン ピアノソナタ第32番第2楽章(最終楽章)よりラスト部。
今日もアップします!
いよいよラスト部です!
130〜178小節目になります。
部屋の乾燥の影響でピアノの音がイマイチですがご勘弁を。。。
最近ソナタ32番に嬉しいご感想をいただくことが増え、とても嬉しいです!!
今日もお付き合いありがとうございました。
【この箇所の構造(超私的解釈です)】
130〜146小節目:重厚なオーケストレーションを伴う主題の再現。
146〜160小節目:主題のモチーフを使いながらの曲の総括が2回繰り返される。2回目は1回目をさらに豪華な総括だがクローズせずドミナント(ここではソ)のままとどまり最後の主題に繋がる。
→左手で奏でるソーミミーー、ミードドーー、ドーララーーのモチーフはホルンのようなまろやかな管楽器系の音色が適切だと思う。同じ音形が右手に引き継がれるが、そちらはフルートかなー。祝福された感じにしたい。
161〜178小節目:トリルを伴いながらppで主題が登場。主題は前半で終了し、そのまま主題のモチーフがエコー的に繰り返され175小節目で再び主題の冒頭のモチーフが登場ppで曲がクローズする。
→トリルを弾きながらメロディを奏でていくので手の柔軟な広がりが必要。余分な力を抜いて自由に伸縮させるイメージで弾くこと。
【今後の課題】
150小節目1〜3拍目の中声部の暗譜が不明確
メロディを芯のある音でのびやかに響かせる
左手や中声部が大きすぎる箇所があるのでバランスを吟味する
とにかく横へ横へ幅広に

ピアニスト内藤優花音

音楽で冒険を!自然に・自由に・呼吸するように音楽を届けます。

0コメント

  • 1000 / 1000