過去から未来への脱皮〜実家から持ってきた品々と向き合う〜

実家じまいに伴い、たくさんの品々を引き取ってきました。
想い出の品や祖母や両親の形見。
主だったものはレコード数百枚、美術館などの目録、DVD・CD、写真、着物類、オーディオ、工具・・・といったところでしょうか。
これらの品々と一つづつ向き合い、手元においておくか手放すか、ジャッジしています。
骨の折れる作業ですが、今これをやっとくと未来をもっと軽やかに創り上げられる気がするんだ。

ピアノアーティスト内藤優花音

音楽で冒険を!自然に・自由に・呼吸するように音楽を届けます。

0コメント

  • 1000 / 1000