ショパン エチュードop.10-1 冒頭の練習

懲りずにショパンop.10-1の練習風景です。

思い通りの音を出すには鍵盤を触ってから弾く…というか響かせるんだけど、この曲はそれがやりにくいのです。

手首、関節をしっかり脱力して鍵盤に吸い付くくらいで弾けるようにするのが良いです。
そうしないと、鍵盤を叩いて弾いてしまい、いい音で響きません。

ミスをしやすい箇所をピックアップして、部分練習をしています。
脆弱な箇所は潰して行かねば笑笑。

テンポアップも大事ですが、当面はこのテンポで正確に弾くのを目指すことにしました。
近いうちに通しで動画をアップできるくらい仕上げます!

演奏会にむけて他の曲にもとりかかろうと思います。
それではまた!

ピアニスト内藤優花音のMusic Adventure

ピアノは心と魂のサプリメント ピアノの演奏とご指導で ご自分の魂の美しさ・輝きを思い出すお手伝いをしています リサイタル開催/CD販売 【準備中】ピアノレッスン/音楽家のための傾聴カウンセリング 音楽で冒険を! あなたが人生を思いっきり冒険するきっかけになりますように 素敵な時間を創り上げていきましょう

0コメント

  • 1000 / 1000